:::

Publication

:::

Riki / 日本文學中的臺灣

 《日本文学における台湾》
(
日本文學中的臺灣)

張季琳 主編

 日本文学にお ける台湾 (日本文學中的臺灣)

作者

篇名

藤井省三

西川満の戦後創作活動と近代日本文学史における第2期台湾ブーム

垂水千惠

台湾という身体の「再現」―真杉静枝を書くということ―

河野龍也

紀行から批評へ―佐藤春夫が台湾を描くとき―

張季琳

『文芸台湾』時代の邱永漢

大東和重

庄司総一『陳夫人』に至る道
―『三田文学』発表の諸作から日中戦争下の文学へ―

謝惠貞

『雅歌』『盛 裝』『天使』における「純粹小説論」の実践
―横光利一にとっての外地「台灣」の視点から―

郭南燕

大正博覧会「台湾館」の観方―志賀直哉を中心に―

吳翠華

童謡による植民地支配及び植民地の目覚め
―北原白秋の台湾訪問より台湾童謡募集運動を見る―

陳萱

表象の中の「日月潭」―植民地時代の日本人作家による表現から―

 201410月出版

平裝:定價400


cron web_use_log